2011/12/13

2011もあとわずか


1年なんてあっという間である。
























無極にして対極

現在の先進国を先進国たらしめたものは西洋的な思考であろう。
ある人はそれを砂漠的思考と呼んだ。それは砂漠にポツンと立っている自分を「上」から眺めようとする視線である。
それに対するものは、森林的思考であり、それは右も左も木々に囲まれながら、唯一見通しの聞く空を眺める下から上への視線である。
突き詰めればこの2つしかない。


先週のゼミで、院生のひとりが、東洋医学をテーマに発表を行った。
現在の研究の作法は、観測者は客観的位置からの観測が想定されている。
この方法は急速な近代化を遂げるためになくてはならないものであった。


歴史は何のために学ぶか。
歴史が社会の発展法則を検証するからである。
3.11は、近代的思考の限界を決定づけたように思う。
近代的手法の検証は終わったのだ。結果は見たとおり。
みんな気づいていたことが、3.11で顕になって全国総ショック状態。
いよいよ僕たちはこれまでとは違う方法を探るため、大きく舵を切らなければならないときがやってきた。


研究も、根本的なところから議論をしなおす時が来ているようである。
すべての「当たり前」は一度検証されるべきである。
僕は実家が鍼灸院をやっている彼女に、東洋的な思考で修論を書いたらと意見した。
それは従前の研究に対する評価軸では全く測れないだろう。学会は、大学は、研究室は、自分は、変われるのか。
来年が楽しみだ。













2011/12/09

地理の「理」

グローバリゼーションは「大地」があるシステムに染まっていくイメージだったけど、違ったようだ。
近代化の過程で自分たちが「大地」から離れていこうとしただけで、大地性(いわゆる風土かな?)が失われることなんて全くなく、ずっとそこに在り続けた。
そもそも、人は「大地」を離れることはできない。物理的に離れたって、そうである。
地理の「理」。
それは1万年前より昔からある「理」だ。

建築雑誌2011.12 オギュスタン・ベルクの緊急メッセージを読んで。

2011/12/08


遅い思春期のようなものがやってきています。
でも、なにか突き抜けられるような気がする。

優先順位が怪しくなっているけども、
それは目的の設定による。
今考えたいのである。それはいま取り組んでいることとも無縁ではない。
むしろ、今、目の前にあることから考えて辿りついている問題である。
1、2年の問題ではない。1万年の問題として考えたい。



2011/10/30

振り返る その1


今日は『木のまち・木のいえリレーフォーラム イン 福岡』に参加。
我が師が登壇、会場のロビーでは展示ブースを出して活動のプレゼンテーションしてきました。
会の詳細は下記。
http://www.kinomachikinoie.jp/aisatsu.html

多くの方とお話することができ、
また、自信の木造建築研究を振り返る良い機会であった。



木造建築研究は僕が大学4年生になって竹下研究室に入研した年から本格的にスタートした。
もちろん先生はそれより何年も前から取り組んでいたわけだけど、
僕の卒業研究は竹下研究室における木造研究成果の第1号だった。
翌年も引き続き卒論テーマのひとつに木造研究が掲げられ、
「木造チーム」がスタートする。
修士、博士課程と進学し、その間、研究も継続して早7年目である。
決して順調とは言えないペースだとは思う。
しかし道のりが長いことは理解していたので、特に焦ることもなく、のんびり、、

しかし7年ともなると、木造建築を取り巻く状況は大きく変わっているもので、
それは、ざっくり言えば、「追い風」であるということ。
そして、7年も前から研究課題として掲げ、
問題意識を持って研究活動してきたというのは、
時代が僕らに追いてきたのだと言ってしまいたいぐらいである。

博士論文まとめるにあたって、研究に取り組み始めた頃の初心、また、その後考え続けていたことを振り返ってみたい。



僕が入研後、木造研究を選択したのはいくつか要因があるだろう。
ひとつは、4年生になる直前、ヨーロッパに旅行に行って感じたこと。
もうひとつは、「設計」が深く関連しそうだと思ったこと。
そして最後に、性格、か。ちょっと変わったことしてみたい、と。

最後はいいとして、
ひとつ目は、月並ではあるが国外の建築を見てみて、「日本らしさ」ってなんだろうと感じたことである。
見慣れた現代建築群に、がっかりしたような感覚があったからか、そのため郊外の街並みがとても魅力的なものに見えた。そして僕は木造建築に住んだことがないなーと気づく。
ふたつ目は、ただ「研究」というものがよくわかっておらず、やりたくないなと安易に思っていたら木造研究を目にし、これは「設計」が関連しそうだぞ、勝手に期待した。
そこで同じ研究室に入研した同期メンバーに卒論テーマが被らないよう、早い時期から「僕は木造」宣言するに至る。

入研後、晴れて木造研究に取り組むことになる。

木造研究では、木造住宅の新工法を開発することを目的としていたが、
具体的なアイデアはすでに完成していた言える。

入研した当時、すでに木造研究のパイロットプロジェクト「柿林の家」は完成していた。
そして、木造に本気で取り組みたい、と思うようになったのは、この「柿林の家」の見学してからのことである。
(続)



博士論文に「研究生活を振り返って」を入れようと思う。
その下書き。続く。











2011/10/14

原広司先生のレクチャー


原先生のレクチャーが九大で開催されました。
先生の話は2回目でしたが、やはりおもしろいですね。


建築を語るには建築をつくるしかない。
建築を語る言葉など、そもそも持たない。
その中で、建築を語り得そうなものとして可能性を感じているものに記号場がある、と。
そこまでは語ることができるだろう、と。
可能体として建築を見れば、肩ひじを張らなくてもいいんだよと教えてくれた、
気がしました。



その他、新たな計画学を導き出す方法としての数学の可能性を示してくれました。
それは、「みんな」の計画学から「あなた」の計画学を目指す一方法論。



レクチャーの最後には、
世俗的になるな、理念的に生きなさいとメッセージ。







2011/09/16

雑感

なんだかんだ言って2011年度も前半が終了しようとしている。


今の環境のために自分と向きあう時間(機会)がとれるため、
なんだか思春期のようである(遅)。


お酒に酔いながらも、
本気で「ボーイズビーアンビシャスだぞ」と
言ってくれる彼女の父親に心から感謝します。